オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
税と経営
事務所ニュース
リーガル
税務カレンダー
改正税法の手引き
各種ファイル
10年職歴
レシートファイル
支部報印刷
用紙類
封筒印刷
各種図書出版
ホームページ作成
事務所ニュースPDF版
国税局職員便覧

 
HOMEに戻る
商品案内
事務所ニュース
[2003年1月号・12月24日更新]
K版(経営版) ←表紙のページに戻る

■誤解が多い 会社経営上の法律問題

 会社の運営上、実際の経営に必ずといってよいほど商法がらみの問題が生じています。知らなかったと言ってすまされる時代ではありません。

事例1 売掛金の回収長期化と消滅時効にかかった債権を復活させる方法

 不良債権の問題は銀行のみならず近年では会社間でも当たり前になりました。来月入金になるはずのお金が「すみません。入金不足で貴社への買掛金が落ちなかったのですが・・・・」と突然の電話が入ることもあります。

事例2 共同代表制
 中小企業でも複数の代表取締役がいる会社があります。
 創業者が高年齢になったり、病気がちになったりしたとき等のために、迅速に業務執行が行えるように後継者を会社代表者に据える場合があります。

事例3 多額の財テク
 会社の資金をゴルフ会員権、株券、土地等に投資したバブルの時代では、各企業が財テクに奔りました。

事例4 会社から代表取締役への貸付金
 中小企業では代表者への貸付金がよく見られます。この取引は、取締役と会社との間の利益相反取引といわれ取締役会の承認が必要となります。


■下請中小企業の構造変化への対応


■経営安定貸付


■TMO(タウンマネージメント機関)


↑上に戻る

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから