header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2018.1.29
new.gif

配偶者保護のため居住権を設ける

spacer.gif spacer.gif
spacer.gif

 法務省の法制審議会民法(相続関係)部会はさきごろ、「民法(相続関係)等の改正に関する要綱案」をまとめた。

 同部会では、配偶者の死亡により残された他方配偶者の生活への配慮で、相続に関する規律を見直すため議論を重ねてきており、要綱案では配偶者の居住権を保護するための方策などが盛り込まれた。

 配偶者の居住権を短期的に保護するため「配偶者短期居住権」を設ける。これは、被相続人の財産に属した建物に相続開始時に無償で居住していた場合に、その居住建物について配偶者を含む共同相続人間で遺産分割をすべき時は、遺産分割により居住建物の帰属が確定した日または相続開始から6か月を経過する日のいずれか遅い日までの間、居住建物の所有権を相続により取得した者に対し、 配偶者が居住建物を無償で使用する権利。

 一方、居住建物を配偶者が終身、無償で使用及び収益をする権利として設けられるのが「配偶者居住権」。遺産分割や遺贈、被相続人との間の死因贈与契約などで取得する。

 このほか、遺産分割や自筆証書遺言などについても見直しが行われる。

詳細はこちら
http://www.moj.go.jp/content/001246034.pdf

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから